円満離婚で新しいスタート|弁護士に頼んで人生リセット

協議離婚と財産分与

悩み

離婚をするにはまずそれぞれの利用する方法を選ぶ必要があります。
最も短い期間で手続きをすることができ、離婚に必要な費用も手軽なのが協議離婚です。配偶者同士でしっかりと話し合い意見を交換し、夫婦間の摩擦を抑えながら円満な関係のまま離婚をするには協議離婚が最も最適です。夫婦の約90%程がこの方法を利用しており、書類を提出するのにも手間がかからないとして協議離婚は主流となっています。二人の関係にこれ以上傷をつけず、夫婦共に話し合いで解決することができる自然な離婚方法を選ぶ際はこの方法を選択するようにしましょう。
協議離婚の際は夫婦がそれぞれ指名などを記入をすることが必要であり、記入した後は市役所などに提出をする必要があります。提出する方法は窓口に提出する以外にも郵送で出すことも可能であり、仕事やプライベートなどで市役所に訪れる暇がない場合でも手続きを済ますことができます。

離婚をする際は必ず取り決め事を決めておき、その後の生活を楽しく過ごせるようにすることが大切です。
別れる際には住宅や土地といった資産に関するトラブルがとても多くなります。そのため別れる際にはそれぞれ同じ資産を分けられるように、財産分与をおこなうことが必要になります。財産分与は夫婦が共に得た財産をお互いに分け合うことであり、別れる際や別れる手続きを終えた後などにするのが一般的です。財産分与で対象となるものには建物や土地、預金や株式といった資産があります。あくまで分与できるのは結婚後に得た資産だけであり、結婚する前から持っていた資産などは対象とならないので注意しましょう。
財産分与をする際は契約書などを作成するようにし、口約束などで契約をすることがないようにしましょう。口約束で財産分与をしておくと、のちのちトラブルになる可能性が大きくなるからです。